意外と知らないサウナと岩盤浴の違いとは?

成人を迎えている大人の人にとっては、岩盤浴という言葉はあまりぴんとこず、サウナと一緒だとイメージする人が多いと思います。
どちらも温かい場所で身体を温めるのがメインとなっていますが、岩盤浴とサウナは、実は全く仕組みが違い、それによる効果も違ってくるということを知って頂きたいと思います。
サウナは銭湯によくあるものですが、温めるときに身体に入ってくる熱は、外側からです。


身体の外側から熱を感じ、温かいと感じるようになって、次第を汗をかくようになります。

また、サウナでかく汗はベタベタとしています。

一方、岩盤浴の場合は、サウナと違い外側からではなく、体内の内側に直接あたためるような、遠赤外線を使用しています。


これによりただ熱いという感覚ではなく、体内の奥深くにある分子を温めるようにし、じんわりと身体全体が温まっていきます。

身体の奥深くに熱が入り込むようになっているので、溜まっていた老廃物や悪い物質に直接働きかけることができ、サウナよりも岩盤浴の方がよりデトックス効果があると言われています。

脱毛エステを口コミで確認

また、最初の方はベタベタとした汗でも、だんだんさらさらの汗になってくるのが特徴です。



ぱっとすっきりしたいな、という時はサウナでもいいですが、身体の内側から綺麗になりたい、すっきりしたいと思うのであれば、断然岩盤浴の方が効果を実感することができると思います。


いまでは男性も女性も多く利用しているので、気分をリフレッシュしたいときにオススメです。